ラブグラは「女性用バイアグラ」ともいわれ、不感症改善のために使います。使いたい場合、通販サイトの利用がとても便利です。

女性だからこその性に関する悩みとは

悩みを抱えて暗くなっている女性

男性でも女性でも、生きている中でさまざまな悩み・問題に直面します。

誰かにすぐ相談できる内容の悩みもあれば、人には言えないような悩みもあるでしょう。

すぐ相談できる内容なら解決する日も近いですが、誰にも相談できずに1人で悩みを抱え込んでしまっていては、自分自身としてもツラいですし、その問題が解決する日もなかなかやってきません。

では、人に相談できない内容の悩みにはどんなモノがあるでしょう。

もちろん人によってその判断基準や価値観は違いますが、多くの男女が口を揃えて相談しにくいのが「性に関する悩み」です。

スケベだと言われている男性でもなかなか性に関する悩みは人に打ち明けられないものですし、それが女性ともなればなおさらでしょう。

女性が抱く性への悩みも、その内容はさまざまです。

「セックス経験がない」ということに悩んでいる人もいれば、逆にセックス依存が強すぎて草食系な彼氏に物足りなさを感じているといった悩みを持つ人もいるでしょう。

その人にとってはどんな内容でも深刻な悩みではあるのですが、その中でも女性特有でなおかつ深刻な悩みとして多いのが「不感症」ではないでしょうか。

「大好きな彼氏とエッチしているはずなのに感じない…。」

不感症になってしまってはせっかくのひとときが台無しですし、女性としても心配で仕方ないですよね。

経験不足による性感帯の未開発などが原因で感じないこともありますが、それであれば経験を重ねるうちにオーガズムを体験することはできます。

しかし、もし本当に不感症なのであれば、しっかり治療してあげないといつまで経っても彼氏とのセックスを心から満足できずに終わってしまうのです。

でも安心してください。

最近は不感症に悩む女性を救うべく、不感症治療に効果的な医薬品が数多く開発されています。

「ラブグラ」もそのひとつで、不感症に悩む女性から高い人気を獲得している医薬品なのです。

不感症に悩んでいるという方は、ぜひラブグラを使って改善していきましょう。

女性用バイアグラの通販 - おくすり購買部

ラブグラの効果

ラブグラのパッケージとシート

ラブグラは不感症および絶頂不全を改善するのに効果的として、世界的にも女性から人気の高い医薬品です。

アジャンタファーマ社という製薬会社が開発した医薬品で、ピンク色をした可愛らしい錠剤になっています。

ラブグラの主成分はシルデナフィルというもので、セックスをする1時間ほど前に服用することで効果を発揮します。

主成分であるシルデナフィルは血行促進の効果があるため、服用することで膣内や外陰にも充分な量の血液が流れ込むようになります。

これによって膣内が本来の潤いを取り戻し、性的快感を間接的に増強させることができるのです。

ただ不感症を改善するだけではなく、膣内の潤いが増すことで挿入時の痛みも軽減され、彼氏とのセックスがより一層楽しく感じられるのではないでしょうか。

ラブグラの作用機序

ラブグラを説明する女医

ラブグラの主成分となっているシルデナフィルには、血行促進の効果があります。

通常時なら性的刺激を受けることで脳の中枢神経や末梢神経が作用し、全身に興奮しているという信号を送ります。

それによって体内で一酸化窒素が生成されるのですが、本来であればこの一酸化窒素の増加によって血管が拡張され、血流が良くなるのです。

これによってクリトリスや膣内に多く血液が流れ、感度を良くすることができるのです。

しかし、PDE5という物質が体内で増えてしまうと、血管を拡張させている環状グアノシン一リン酸のはたらきを抑制してしまい、血液がうまく流れなくなってしまうのです。

これが不感症の原因ともなるのですが、シルデナフィルの効果によってPDE5のはたらきを阻害してくれるため、再び血液が流れやすい状態を作り上げてくれます。

このおかげで再び膣内やクリトリスに血液が流れてくれれば、またオーガズムを感じられるようになるでしょう。

ラブグラの服用方法と注意点

ラブグラの服用方法

ラブグラを服用する女子

ラブグラを服用することで女性の不感症を改善することができるのですが、あくまでもそれは正しく服用した場合の話です。

これはラブグラに限らず、どんな医薬品にも言えることです。

医薬品には用法用量というものが定められており、どのように服用していくかが細かく医薬品ごとに指定されています。

医薬品というのは私たちの病気や症状を治療するために欠かせない存在ではあるのですが、無闇やたらに服用すればいいというわけではありません。

用法用量は、その医薬品の効果を最大限かつ安全に発揮させるための服用方法ですので、その通りに服用することが完治への1番の近道なのです。

では、ラブグラの用法用量はどうなっているかですが、まず絶対に守っていただきたいのは「1日1錠」ということです。

何錠も服用すればその分だけ感じやすくなるというわけではないため、必ずこれは守りましょう。

また、1回服用すると、その次の服用は最低でも24時間の間隔を空けるようにしてください。

これより早い段階で服用してしまうと、副作用などの悪影響が出てしまう危険があります。

ラブグラを服用する場合は容量にも注意が必要です。

ラブグラは100mg錠が流通しているのですが、これは主成分であるシルデナフィルが100mg含まれていることを意味します。

しかし、いきなり100mg錠で服用してしまうと効き目が強すぎて逆効果になってしまうこともあるため、初めてラブグラを服用するという人であれば50mgから試す方が安全です。

50mg錠のラブグラは販売されていませんが、100mg錠をピルカッターで半分に割ることで50mg相当のラブグラにすることができますよ。

女性用バイアグラの通販 - おくすり購買部

服用時の注意点

ラブグラを正しく服用している女性

ラブグラは正しく服用さえすれば、女性の不感症改善に期待できる医薬品です。

ですが、「正しく服用すれば」という大前提は守るようにしてください。

先ほど用法用量に関する説明をした際、「1日1回の服用に留めること」「次回以降の服用は24時間以上の間隔を空けること」「1回の服用での容量には注意すること」を言ったかと思います。

もちろんこれもしっかり守っていただきたいポイントなのですが、ラブグラを服用する際の注意点は他にもあるので覚えておきましょう。

医薬品の服用で問題となるのが「食事・アルコールの影響を受けやすいかどうか」です。

よく用法用量の部分に「食後○錠」「空腹時の服用」といった旨が記載されています。

これはその医薬品が食事の影響を受けて吸収されにくくなってしまうかどうかなどが関係しています。

吸収率が低下してしまえば、それだけ医薬品の持つ本来の効果を発揮できなくなってしまいますので気をつけましょう。

では、ラブグラが食事・アルコールの影響を受けるかどうかですが、ラブグラは食事の影響をかなり受けやすい医薬品となっています。

胃や腸に食べ物が残った状態で服用してしまうと吸収が邪魔されてしまい、ラブグラ本来の効果を発揮できなくなってしまいます。

そこで、ラブグラを服用する場合は空腹時にするか、食事をしてから3時間以上空けての服用を心がけましょう。

アルコールに関しては、アルコールが持つ精神安定作用が相まってラブグラの効果をより一層引き出せると言われています。

しかし、何事にも限度があります。少量程度なら効果的ですが、アルコールを飲みすぎてしまうと逆効果になってしまうので注意しましょう。

副作用があることも忘れずに

ラブグラの副作用が出てしまっている女性

医薬品というのは、特定の症状を治療するために欠かせないモノであり、みなさんもしょっちゅうお世話になっているかと思います。

どれだけ健康に気をつかっていたとしても、風邪や腹痛など、何かしらの病状を経験している人がほとんどでしょう。

自然に治ってしまうような病気もありますが、早めに治しておきたい場合などは医療機関へ行き、治療薬を処方してもらって治療することになります。

医薬品には特定の症状やその原因となっているウイルスに対して有効な成分が含まれているため、正しく使用すれば軽い症状ならあっという間に治してくれるでしょう。

しかし、どんな医薬品であっても、その信頼できる治療効果があると同時に、イヤな副作用が起こってしまう可能性があるのです。

例えば、風邪薬を処方してもらうときによく言われるのが「服用後は眠気に襲われることがあるので」ということ。

身体的には決して危険な症状ではないため、あまり気にしている人はいないでしょうが、これも立派な副作用のひとつです。

このように、どんな医薬品をどれだけ用法用量に沿って正しく使用したとしても、副作用が起こる可能性はあるのです。

ラブグラも立派な医薬品ですので、不感症治療に効果的な反面、副作用が生じる可能性はあるので注意しておきましょう。

ラブグラを服用することで起こりうる副作用としてよく報告されているのが「顔のほてり」や「頭痛」です。

ラブグラに含まれているシルデナフィルが血行促進効果を持っているため、これによって血の巡りを良くし、不感症を治してくれます。

しかし、血行が良くなることによって、ふだんよりも顔がほてってきたり、頭痛が起きたりといった副作用がどうしても生じてしまうのです。

ただ、こうした副作用は非常に軽度な症状で済むことがほとんどで、そう深刻に捉える必要はありません。

むしろこうした副作用が生じたことで血流が改善されていることを実感できますし、「ラブグラがしっかり効果を発揮してくれている」と前向きに考えるといいでしょう。

ラブグラの副作用はこうした軽度な症状がほとんどで、ラブグラの効果が切れると同時に副作用も徐々に治まっていきます。

しかし、何日も副作用の症状が続くこともあります。

この場合、ラブグラがみなさんの体質に合っていない危険がありますので、一旦服用を中止し、早めに医師に相談しに行くようにしてください。

併用禁忌薬には要注意

ラブグラの使用禁忌について説明する医者

基本的にある病気・症状を治療するために用いる医薬品は1種類となることが多いです。

病気・症状によっては複数の医薬品が処方されることもありますが、この場合は医師が適切な組み合わせの医薬品を処方してくれているので気にすることはないでしょう。

しかし、みなさんが自身の判断で複数の医薬品を使用する場合は注意してください。

医薬品によっては飲み合わせが悪く、同タイミングで服用してしまうと危険な副作用を起こしてしまうことがあります。

先ほどラブグラの副作用について紹介しましたが、それとは比べ物にならないほど重度な症状を引き起こしてしまう可能性がありますし、場合によっては命を危ぶめるほどの副作用が起きてしまうのです。

もし以前から何かしらの持病を患っており、すでに別の医薬品を使用していたという場合、まずはラブグラの併用禁忌薬かどうかを確認してから服用するようにしてください。

では、ラブグラの併用禁忌薬に指定されている医薬品にはどのような種類があるのでしょうか。

最も有名なのが硝酸剤です。

硝酸剤とは、血管拡張薬のひとつで、主に虚血性心疾患の治療などに用いられる医薬品です。

硝酸剤は血管を拡張し、血行を良くする効果を持っています。

しかし、ラブグラも同じ効果を持っていますよね。

もしこれらを併用してしまった場合、互いの効果が重なってしまい、一気に血圧を下げてしまう危険があります。

命に関わる事態に陥ってしまう可能性もあるので、硝酸剤を服用しているという方はラブグラの服用はしないようにしてください。

他にも併用注意薬と呼ばれる医薬品もあり、併用を禁止とまではいかないにしても、併用する場合は充分に注意しなければいけない医薬品もあります。

もし、すでに何かしらの医薬品を使用しており、それがラブグラの併用禁忌薬ないし併用注意薬かどうかがわからないという場合は、勝手に服用を始めるのではなく、まずは医師に相談するようにしてください。

ラブグラの服用が禁止されるケース

服用してはいけないケースを説明する女医

では、現在何の医薬品も使用していないという人であれば、ラブグラを服用しても問題ないのでしょうか。

実はそういうわけでもありません。

併用禁忌薬や併用注意薬が指定されているのと同時に、「ラブグラを服用してはいけないケース」というのがあるのです。

例えば、重度な肝臓病を患っている方や、極端に低血圧な方などがそれに該当します。

こういった状態の人がラブグラを服用してしまうと、やはり命に関わるよう危険な副作用を引き起こしてしまう可能性があるので注意しましょう。

自身がラブグラを服用しても良い状態なのかどうかの判別がつかないという場合は、やはりこちらもまずは医師に相談してから服用を始めるようにしてください。

ピルとの併用は可能か

アフターピルのアイピル

女性がセックスをする場合に服用する医薬品として有名なのが、低用量ピルやアフターピルといった避妊薬です。

アフターピルは避妊に失敗した場合に服用する緊急避妊薬ですので、基本的には低用量ピルを服用して避妊をおこなうことになるでしょう。

では、もし妊娠を望まないセックスをしたいと感じている女性が、低用量ピルとラブグラを合わせて服用することはできるのでしょうか。

結論から言うと、低用量ピルとラブグラの併用はまったく問題ありません。

ラブグラの主成分であるシルデナフィルと、低用量ピルに含まれている黄体ホルモンや卵胞ホルモンは互いに反応することがないため、仮に併用したとしても副作用が生じることはありません。

もちろん併用したからといって、互いの効果を損ねてしまうということもないので安心してください。

ただし、低用量ピルにもラブグラにもそれぞれ副作用はあります。

併用による副作用は心配ないにしても、個別での副作用は起こる可能性は充分にありますので、その点だけは覚悟しておきましょう。

とはいえ、低用量ピルも正しく服用していれば、副作用が生じたとしても軽度な症状で済みますので安心してください。

ラブグラの買い方は2種類ある!?

医薬品を購入するためには

医者による処方箋

服用方法や副作用、併用禁忌薬などに気をつけて服用していれば、ラブグラは女性の不感症を治療するのに最適な医薬品と言えるでしょう。

では、ラブグラを購入するためにはどうすればいいのでしょうか。

それを知るためにも、まずは医薬品を購入する方法をあらためて知っておきましょう。

医薬品を購入したい場合、風邪薬などの簡単な医薬品であれば薬局など市販で済ますこともあるでしょう。

しかし、市販の医薬品では治療ができないような病気・症状になってしまった場合、もしくは確実に治療をおこないたい場合、ほとんどの方が医療機関へ通院するかと思います。

医療機関で診察・治療を受け、その結果から医師が適切だと判断した治療薬を処方してもらうこができるのです。

日本で流通している医薬品の中には、「処方箋医薬品」に指定されているものがあります。

これは医師が出す処方箋がなければ購入できない医薬品のことで、薬局などの店舗はもちろん、その他のルートで購入することはできません。

もし医療機関からの処方以外の方法で販売されていた場合は注意しましょう。

女性用バイアグラの通販 - おくすり購買部

現在は通販でも医薬品が購入できる

スマホで通販サイトから購入を考えている女性

市販の医薬品は別にして、処方箋医薬品に指定されている医薬品は医療機関から処方してもらうしか購入方法がありませんでした。

先ほど説明したように、医師が出す処方箋を有していることが絶対だからです。

そのため、今まではその他のルートで販売されている医薬品は危険視されており、特にネット上で販売されている医薬品には決して手を出さないというのが暗黙のルールになっていました。

しかし、最近ではある通販サイトを使って、あらゆる医薬品を安心安全に購入する方法があるってご存知でしたか?

それが「個人輸入代行」という医薬品専門の通販サービスなのです。

処方箋医薬品に指定されている医薬品は医療機関から処方してもらうことが必須となっています。

しかし、それはあくまでも日本国内での話であり、海外諸国にはまったく関係のない話ですよね。

つまり、日本では処方箋医薬品に指定されている医薬品であっても、海外のドラッグストアへ行けば店舗での購入が簡単にできるというのも珍しい話ではないのです。

そのため、医療機関からの処方以外でこうした医薬品を購入する方法として、「海外へ行って購入する」というのは有効です。

ただ、医療機関への通院がイヤだからといって海外へ医薬品を購入しに行くなんてことはまずありえませんよね。

そこで、海外の医薬品を日本国内で簡単に購入したいのであれば、海外から輸入してしまえばいいのです。

実は医薬品を海外から個人輸入することは法的に許されているため、私たちが必要な医薬品を個人で輸入しても何の問題もないのです。

ただ、海外から輸入をおこなうとなれば、当然輸入に関する特別な手続きをしていかなければいけません。

私たち一般人がなんとかできるような内容ではもちろんないですし、そもそも輸入に関する手続きをする場合は相手の国の言語でやりとりをしなければいけません。

そう考えれば、いくら個人輸入が許されているとはいえ、現実的な方法ではないですよね。

しかし、そこで私たちの代わりに医薬品の輸入を引き受けてくれるのが「個人輸入代行業者」と呼ばれる人たちです。

海外からの医薬品輸入を全面的に引き受け、輸入した医薬品を販売してくれるのです。

この輸入した医薬品を販売している通販が「個人輸入代行サイト」と呼ばれるもので、彼らのおかげで私たちは何も気にすることなく通販感覚で好きな医薬品を自由にネット注文することができるようになっているのです。

個人輸入代行サイトはまだまだ日本国民に浸透した購入方法とは言えません。

しかし、医薬品の購入においてこのうえなく便利な方法として、すでに利用している人は大勢います。

これを機に、ぜひみなさんも覚えておきましょう。

医療機関から処方してもらう場合のメリット・デメリット

処方箋によるメリットを説明する女医

医薬品を購入する方法として、「医療機関からの処方」と「個人輸入代行サイトの利用」のふたつを紹介しました。

では、「どちらの方法で医薬品を購入するといいの?」と疑問に思われる方もいらっしゃると思います。

そこで、医療機関からの処方と個人輸入代行サイトからの注文、どちらが良いのかを比較していきましょう。

まずは医療機関から医薬品を処方してもらう場合についてです。

医療機関から医薬品を処方してもらう場合のメリットとして、最も大きいのはやはり安全性でしょう。

人間の病気やその治療への専門家である医師が診察をし、その診察結果から適切だと判断した医薬品を処方してくれるため、安全性に関しては文句なしです。

安心して処方された医薬品を使用することができるでしょう。

ただ、その一方でデメリットと言える点がたくさんあります。

まず、医療機関へ行かなければ処方してもらえないという根本的な問題があります。

また、医療機関から医薬品を処方してもらうためには、どんな病気であってもまず診察や治療を受けなければいけません。

当然無料で診てくれるわけではないため、診察費や治療費は別途かかってしまいます。

多忙でなかなか通院するヒマがないという方や、経済的な余裕がないという方にとっては不便に感じるのではないでしょうか。

また、もしみなさんが特定の医薬品を使って治療をしていきたいと思っていても、どの医薬品を処方するかは医師が判断することです。

そのため、みなさんが希望する医薬品を必ず購入できるとは限らないのです。

個人輸入代行サイトでの注文ならメリットがたくさん

個人輸入代行で購入のメリットを感じている女性

では、個人輸入代行サイトを使って医薬品をネット注文する場合はどうでしょうか。

まず、ふだん利用している通販感覚で医薬品を注文できるということで、医療機関へ通う必要は一切なくなります。

つまり、なかなか予定が合わない方でも、パソコンやスマホからみなさんの好きなタイミングで医薬品を注文できるのです。

それに加え、医療機関へ行かなくてもいいということは、診察や治療を受けることもなくなるということです。

そのため、みなさんが支払う費用は薬価だけとなり、経済的にも大幅に負担を軽減しての購入が可能になるのです。

そして、この個人輸入代行サイトもふだんみなさんが利用している通販サイトと同じ感覚で医薬品を注文できるため、みなさん自身が購入したい医薬品を選択して注文することができます。

確実に好きな医薬品での治療が可能になりますよ。

また、ネット上で医薬品を購入するにあたり、安全性を心配される方は多いです。

ですが、個人輸入代行サイトで販売されている医薬品はすべて、成分鑑定などをクリアし、安全に使用できる正規品だと認定されたものとなっていますので安心してください。

通販で買う際のポイントは?

ラブグラの購入方法およびその価格は

ラブグラのシートの表と裏

医薬品を購入する方法として「医療機関からの処方」と「個人輸入代行サイトでの注文」の2種類を紹介しました。

どちらの方法で医薬品を購入してもかまいませんが、その際はそれぞれの特徴やメリット・デメリットをしっかり把握しておきましょう。

では、今回紹介しているラブグラを購入したい場合、どちらの方法で購入するのがいいのでしょう。

ラブグラの購入方法なのですが、実は日本で認可されていないことから、いくら医療機関といえども処方してもらうことができない医薬品になっています。

つまり、「ラブグラはどちらの方法で購入すべきか」という話ではなく、ラブグラは個人輸入代行サイトを使ってネット注文するしかないのです。

そのため、いくら全国の医療機関を探し回ったとしても、国内でラブグラを処方してもらうことは不可能なので覚えておきましょう。

では、個人輸入代行サイトを使ってラブグラを購入した場合、どの程度の価格で購入することができるのでしょうか。

ラブグラの説明をしたときに言いましたが、ラブグラは100mg錠でしか流通していません。

では、この100mg錠がいくらで販売されているかですが、だいたい1錠あたり300円で販売されていることが多いです。

利用する個人輸入代行サイトによって販売価格は上下しますが、300円前後が相場だと覚えておきましょう。

基本的に4錠1セットで販売されているため、購入時の価格は1,200円前後になります。

個人輸入代行サイト利用時の注意点

届くのに時間がかかっているので心配になっている女性

ふだんから通販サイトを使ってネット上で買い物をしている人ならよくご存知かと思いますが、注文をしてからだいたい2~3日もあれば商品が届きますよね。

モノによっては翌日に私たちの手元に商品が届くこともあります。

こうした早い対応も通販サイトが便利だと言われる理由のひとつでしょう。

しかし、個人輸入代行サイトを使って医薬品を注文する場合は注意が必要です。

ふだん私たちが使っている通販サイトは、日本国内から商品を取り寄せているからこそここまで短時間で商品を届けてくれているわけです。

ですが、個人輸入代行サイトは海外から輸入した医薬品を販売しているサイトですので、どうしても日本国内から注文するよりも時間がかかってしまうのです。

場合によっては1~2週間ほどかかってしまうこともありますので、個人輸入代行サイトで医薬品の注文をする場合は、このことも考えて早めに注文を済ませておくことをオススメします。

また、通販サイトが便利な点のひとつに「好きな商品を自由に注文できる」という点があります。

個人輸入代行サイトにおいてもこのメリットは同じなのですが、逆に言えば何を注文するかはみなさんの自己責任になることを理解しておきましょう。

もしみなさんが不適切な医薬品を購入してしまったとしても、それに関してだれも責任を取ってはくれないのです。

あらかじめ医薬品に関する情報を集め、しっかり正しい医薬品を選択できるようにしておきましょう。

悪徳業者には要注意

悪徳業者に引っかかって後悔している女性

個人輸入代行業者の数は多く、それにともなって個人輸入代行サイトの数もたくさんあります。

ネット上でちょっと検索するだけでも、数え切れないほどのサイトが出てくるでしょう。

サイトによって販売している医薬品の料金やその他のキャンペーン内容に違いはありますが、基本的にどこのサイトも安心して利用することができます。

しかし、だからといって適当にサイトを選ぶのは危険です。

偽造品の販売をおこなっている悪徳業者が混じっていることもあり、迂闊に手を出してしまうと思わぬ被害に遭う可能性があるのです。

悪徳業者が販売している偽造品は、見た目はオリジナルにそっくりでも、含まれている成分や製薬方法はでたらめです。

そのため、正規品だと思い込んで服用してしまうと、病気・症状を治すどころか、まったく違う危険な副作用を起こしてしまうかもしれません。

現に偽造品の服用によって命の危機に陥ったという人も多数報告されているのです。

また、もし偽造品だと気づいて服用しなかったとしても、購入してしまえば料金は騙し取られたことになりますし、注文時に入力した個人情報が悪用されてしまう危険性もあります。

信頼できる優良サイトの探し方

良さそうなサイトを見つけて喜んでいる女性

では、こうした悪徳業者にひっかからないために、どのように信頼できるサイトを探していくのがいいのでしょうか。

優良な個人輸入代行サイトかどうかを判断する基準として、会社の所在地がサイト内に明記されているかどうかや、サポート・問い合わせがきちんと用意されているかどうかなどがポイントになります。

とはいえ、初めて個人輸入代行サイトを利用する人の場合、優良サイトと悪徳業者の区別はなかなかつかないと思います。

そこで、安心して利用できるサイトを選ぶのに有効な方法として、口コミやランキングサイトを参考にしてみることをオススメします。

口コミは実際に個人輸入代行サイトを使って医薬品を注文したユーザーによる感想・評価ですので、その信憑性は非常に高いです。

良い面だけではなく、不便だった部分も書き込んでくれているというのもありがたいですよね。

そして、ランキングサイトでは、そんなユーザーたちの評価を基にオススメできる個人輸入代行サイトをランキング形式で紹介してくれています。

ただランキングで紹介してくれているだけではなく、各サイトの特徴やメリット・デメリットも記載してくれていますので、サイト選びに役立つでしょう。

安心して利用できる個人輸入代行サイトを探し、ぜひラブグラ購入に役立ててみてください。

女性用バイアグラの通販 - おくすり購買部

おすすめの記事

不感症かもしれないと悩み抱えてる女性

不感症の症状と原因

女性の不感症を改善するのは一朝一夕では出来ません。一つ一つの原因をしっかりと把握し、焦らずに改善していきましょう。

冷え症の女性

冷え症と不感症の関係

冷え性は万病の元とも言われていますが、不感症にも大きく関わっています。冷え性の対策をすれば、不感症も緩和出来るのです。

ラブグラのシート

バイアグラは女性でも使用できるの?

バイアグラは男性が使うもの、という固定観念がありませんか?実は女性にも有用な効果が確認されたというデータがあります。

ラブグラの錠剤

媚薬の効果がある?

ラブグラは媚薬のイメージがありますがそうではありません。本物の媚薬はラブグラと同様、通販で購入出来ます。